石川雅春/Masaharu Ishikawa
(DRUMS)
1959年東京生まれ。

大学在学中にプロとして活動開始。およそ30年に渡りさまざまなアーティストの活動に参加。JAZZ,ROCK,POP...全くジャンルにとらわれないドラマーとして日本の音楽界を下から支えている。
SOURCEの他、DIMENSION,KK JAMなどのグループに参加。
Bobby Caldwell,SalinaJones,渡辺貞夫, 高中正義,松岡直也,角松敏生,林田健司,小野正利,島田歌穂,松原正樹などなど、国内外のTOP MUSICIANとのレコーディング,セッション,TOURなど精力的に活動を行っている。

小池修/Osamu Koike
(SAX, FLUTE, Arrengement & Composition )
1959年7月8日広島生まれ、蟹座、O型

10才からSAXを始める。1977上京後松本英彦氏に師事。一方ジャズ理論アレンジ法など独学で勉強の傍らスタジオワークを中心に、 J-POP などのレコーディングやツアー(杏里、シング・ライク・トーキング、郷ひろみ、ミ−シャ、古内東子、HI-FI SET etc.......)に数多く参加し作編曲も多く提供。参加アルバムは3000枚を超える。また、数多くの来日ミュージシャン(スティーブ・ガッド、リチャード・ティー、スタイリスティックス)、等と共演。JAZZでは、日野 皓正グループなどを経て、SOURCE, 渡辺 貞夫グループ, SOLID BRASS,VALIS, 香取 良彦BIG BAND等。また、現在では自己表現の場をほぼジャズシーンに移項し、ライブハウス、コンサート、アルバム制作、スタジオなどで活動。主な参加グループとしては、自己のグループ他、SOLID BRASS,守屋純子オーケストラ&セクステット、山下洋輔オーケストラ、渡辺貞夫オーケストラ&セクステット、熱帯JAZZ楽団(1999/6、ニューヨーク、カーネギー・ホールにも参加)などで活動。
1999年、アルバム 'INSIDE 'を発表以降、現在まで自己のアルバム6枚シングル1枚を発表。
2003年から納浩一、大坂昌彦、青柳誠と双頭バンド「EQ」を立ち上げアルバム5枚をリリース。
HOME PAGE http://www.alteredmusic.co.jp/koike_top.html

梶原順/Jun Kajiwara
(GUITAR, Arrengement & Composition )
1961年8月25日生まれ。

幼少の頃よりピアノを弾き、中学2年の時にガットギターを手にする。その後、キャロル、ベンチャーズなどといっ たアーティストに興味を持つことを皮切りにエレキギターを弾く毎日が続いた。ロックに始まり、徐々に様々な音楽を体験するにつれ、そのギタースタイルも多 種多様化していく。プロミュージシャンを目指し1979年に上京、Jazz Schoolに通う。1981年、プロとしてのキャリアをスタートさせる。
その後、マリーン、山本達彦、角松敏生、といったライブをサポートする傍ら、本田雅人 (Sax)、石川雅春 (Dr) らとWITNESSを結成。アルバム「WITNESS」もリリースしている。
1990年以降、特にスタジオミュージシャンとしての活動は多忙を極め、参加した楽曲数は計り知れない。平行して数々のセッションライプ、ツアーもサポートしてきた。
また、自身の音楽を求め、「J&B」「JとB」「Bluer」「SOURCE」といったバンド活動も行い、それぞれアルバムをリリースしている。
現在はスタジオワーク、セッションライブに加え、「渡辺貞夫グループ」 「本田雅人Band」「Witness」の活動、そして「自身のソロ活動(2007年、初のソロアルバム「EVER」を発表)」、また洗足学園音楽大学講師、YAMAHA音楽院講師として後輩の育成、4CREATOR.com(オンライン・ギター・レッスン)の監修を手がけるなど、その動きは留まるところを知らない・・。
梶原順 オフィシャル・ウェブサイト http://www.4creator.com/JunKajiwara/

小野塚晃/Akira Onozuka
(PIANO,KEYBORD, Arrengement & Composition)
1967年7月29日生まれ。

6歳からエレクトーンを始め、中学生の頃には独学でピアノを弾き始める。18歳でスタジオワークをスタート。19歳からはTUBEを始め、数多くのLIVE TOURでキーボーディストをつとめる。
シンセサイザーからオルガン、ピアノまでジャンルにとらわれないプレイで、B'z、大黒摩季、ZARDなどのJ-POPアーティストから、塩谷哲、渡辺貞夫などのJAZZアーティストまで幅広くレコーディングに参加。
1992年4月、増崎孝司(g)、勝田一樹(sax)とともに、フュージョン ユニット『DIMENSION』を結成。2007年11月発売の『20』〜NEWISH〜はグループ15周年にして20枚目のアルバム。その他にもベスト アルバム1枚、ライブDVDを2枚リリースとハイペースな活動を続けている。
1995年からは渡辺貞夫グループのキーボードを担当。1998年のモントルージャズフェスティバルをはじめ、アジア、アフリカ、ヨーロッパと世界各地、多数の海外公演に同行している。
2004年10月には初のソロアルバム“CHINITA"(チニタ)をリリース。2005年11月には三好“3吉”功郎とのDUOアルバムをリリース。多方面のミュージシャンと精力的なLIVE活動を行う傍ら自己のピアノトリオで自身の音楽を追究している。
AKIRA on line http://dimension-tokyo.jp/akiraonline/

佐々木史郎/Shiro Sasaki
(TRUMPET,FLUGELHORN,Compose,Arrengement))
1962年 東京生まれ

東京は豊島区で生まれ育ち、武蔵野音大在学中よりジャズを始め卒業後、山下洋輔パンジャオーケストラ, , 高橋達也と東京ユニオン及 びDreamsComeTrue レコーディング・ライブツアーなどに参加。
'87年 オルケスタ・ デラルス の リードトランペットとして メンバー に加わる。'90年ファーストアルバムがアメリカでビルボード誌ラテンチャート11週連続第1位 という記録を作り'97年の解散までに15回以上の海外ツアーで、30数カ所の都市にてコンサートを行う。
この間'93年国連より国連平和賞受賞、トゥナイトショウ出演、'95グラミー賞ノミネート、サンフランシスコとサンタバーバラ及び武道館でSANTANAとのコンサート、レコード大賞特別賞受賞、NHK紅白歌合戦出演。
 そしてデラルス及びオルケスタ・デルソルはもちろんの事、カネゴンのテーマ、出光CM、映画モーマンタイ2エンディングテーマ等の作曲、TUBE、Paris Mach、幸田来未、等のホーンアレンジなど多方面で活躍。
 ラテンジャズユニット"SPICE"のレコーディングではピーター・アースキン、ボブ・ミンツァー、エディー・ゴメスと共演。
デラルス解散後は、スタジオ及びセッションミュージシャンとして、1000枚以上のアーティストCD、及び数百のCMやドラマ、映画のサウンドトラックにも参加。
 2001年には、NYでJOHN TROPEA等を迎え自己のアルバムをレコーディング。『Move on』と『The Life』の2枚をビクターaosisレーベルからリリース。
 現在もスタジオワークの他、自己の「Apollo Jam」「The Boogaloo band」そしてBIG HORNS BEE、熱帯ジャズ楽団、DCPRG、等で活躍中。
 2007年には自己のビッグバンド、Shiro Sasaki & Caoba Big Band 「PEACE!」をジェネオンからアルバムリリース。好評発売中!

コモブチ キイチロウ Kiichiro Komobuchi
(Electric Bass, Wood Bass)/Voice/作曲/編曲/プロデュース
1966年10月東京生まれ。

香港にて幼少期を過ごす。15歳でベースを始める。
23歳頃からJAZZライブハウスを中心にプロ活動を開始。現在、ブラジル音楽を基盤にジャズ、フュージョン、ラテン、R&B、ソウル、ポップス、フラメンコなど様々なアーティスト達と演奏活動を展開。
玉置浩二、マリーン、CHAKA、渡辺真知子、小野リサ、Saigenji、アン・サリー、渡辺香津美、カルロス菅野、古澤巌、東儀秀樹、 葉加瀬太郎、島健、クリヤマコト、柏木広樹などの、ライブ、国内外ツアー、レコーディングなどに参加。
ボサノバの巨人、Roberto Menescal との出会いをきっかけに1997年ボサノバ生誕40周年コンサート【ゲッツ・ボサノバ】バンドメンバーの中に唯一の日本人として参加。Wanda Sa、Carlos Lyra、Mucha、Dori Caymmi、Leila Pinheiro、Fil? Machado などの多くのブラジルアーティストの日本公演のサポートをつとめる。2002年にボサノバシンガー「Chie」のミニ・アルバム【VENTO】Rip Curl Recordings (RCIP-0055)を初プロデュース。自身のオリジナル曲【No VENTO】も中に収録されている。2003年、日本・ブラジル・アメリカ人で構成されたブラジリアンポップバンド「Minawing」のファーストアルバム【Beautiful Horizon】(MD-032101),2005年、2ndアルバム【MINERAL】(HRAD00007)をハピネスレコードより発表。
また、天野清継率いる日本の精鋭プレーヤーによる jazz fusion カルテット 「Four Corners」を結成。2006年6月にデビューアルバム【Four Corners】(RAGJ-0009)をRAGインターナショナルミュージックより発表。同年12月には日本のトップベーシスト達によるジャコ・パストリアス・トリビュートアルバム【PLAY JACO】(KICJ-514キングレコード)に 参加。
2008年4月から渡辺貞夫グループに参加し、国内外のツアーメンバーとしても活動している。
音楽以外では、2008年5月から全国公開中の映画【ヤーチャイカ】(谷川俊太郎・覚和歌子監督、香川照之・尾野真知子主演作品)に役者として出演してい る。
コモブチ キイチロウ オフィシャル・ウェブサイト http://comobass.com/